多汗症を完治する医療手段はあるか

エクリン汗腺から異常に汗が出る症状が多汗症です。
この病気は、以前は単に気の持ちようで起こる身体の正常な反応、あるいは、少し過剰に反応しているだけということで見過ごされてきた感があります。
しかし、実際にはエクリン腺の異常で汗が多量に出ることが分かり、現在は保険が適用されるれっきとした病気の一つとなっています。

ただし、汗が大量に出るということは、他人が聞いても良い印象を受けない上に、それを病気の範疇に入れて考えてくれる人もそれほど多いとはいえません。

そのために、他人に相談するにも何となく気兼ねして、結局、病気を持ったまま生活を続けている人もいます。
また、本人自身も、汗が大量に出ることを病気だと考えるのは難しいでしょう。
単に汗っかきということで済ますこともあります。

しかし、多汗症の場合には、外部からみて大きな機能障害があるわけではないものの、汗が大量に出ることで生活環境の中で不便を生じることも多いものです。

もし、汗の量や出方が異常だと感じて、かつ、それが長く続くようならば、医師に診てもらいましょう。
この病気は、適切な診断と治療を行うことで症状の改善が見込めます。

完治は難しいですが、適切な対症療法で症状を改善されるだけでなく、強制的に汗を抑制させてしまう手段も存在します。
治療としては、内服薬や外用薬の他に、汗を出すことに関係している交感神経自体を遮断することで汗の出方を抑制させるための手術療法があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:多汗症

このページの先頭へ