顔面多汗症などの治療方法について

人は必ず汗をかきます。
汗をかく事で体温調整を行っているのです。
体温が上昇すると汗が出る事で体温を下げます。
しかし、必要以上に汗をかく場合には多汗症と言う病気が考えられます。

体温が高くなった時に出る汗を温熱性発汗、緊張した時などに出る汗を精神性発汗、辛い物などを食べた時に出る汗を味覚性発汗といいますが、それ以外にも、病気によって沢山の汗が出る続発性多汗症、病気でもないのに沢山の汗が出る原発性多汗症、全身から汗が出やすくなっている全身性多汗症、そして身体の一部分だけで汗が出やすい状態になっている限局性多汗症などがあります。

限局性多汗症と呼ばれる症状は、わきの下や手のひら、足の裏に発生する事が多いと言われています。

これらは精神的な緊張から引き起こされる発汗だと考えられており、症状がひどい方だと手から汗が滴り落ちるほど汗が出る為、文字を書こうとした時などに書類を濡らしてしまう事もあるようです。

また、わきの下や手のひら以外にも、顔に沢山汗をかいてしまう顔面多汗症と言う症状もあります。
顔面多汗症は、暑い時や緊張した時、辛いものを食べた時などに顔からだけ沢山の汗をかく状態の事を言います。

顔面多汗症の原因として、自律神経の乱れが考えられています。
自律神経の乱れを整える為には、星状神経節ブロックと言う治療法があります。

この治療法では通院や注射が必要となりますが、顔面多汗症などで悩んでいる方にとっては、悩みを解決する事が出来る治療法となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:多汗症

このページの先頭へ