汗で髪の毛が濡れてしまうなど様々な多汗症の体験談があります。

多汗症とは、人間の汗腺にあるエクリン腺から通常以上の汗が過剰に出てしまう症状や病気、または体質の事をいいます。
しかし、普通人間は汗をかきますので、正常な量の汗なのかそうでないのかを見極めるのは一般的には難しいものです。
多汗症は、体全体に汗をかく全身性多汗症と、顔、手のひら、頭部、わきなどといった特定の部分から汗をかく局所多汗症の2つに大きく分けられます。

それらの原因は、ストレスや不安、緊張など精神的な要因や、食生活、遺伝、ホルモンバランス、病気などが挙げられています。

しかし、交感神経の失調から、体温上昇や精神的な原因に関係なく、体質的や病的な場合もあります。
多汗症の状態でも個人差があり、少し汗ばむ程度の症状から、こぼれ落ちる程の量の汗をかくなど様々です。

具体的な体験談としては、暑くもないのに汗が出てくる、雑誌や本を読んでいると汗でページが濡れてしまう、洋服に汗の染みがつく、汗で髪の毛が濡れる、手をつないだり握手をすると手が湿ってしまうといった体験談があり、中には日常生活に支障が出る方もいます。

一般的にこの症状の認知度は低く、まだ病気として認識している方は少ないようです。
そのため、周りの人からは分かりにくい症状だと言えます。

しかし、実際は保険が適用されたりと一種の病気として扱われている現状もありますので、一人で悩まずに、じっくりと自分に合った治療法や対処法を見つけていく事が大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:多汗症

このページの先頭へ