腋臭は多汗症治療のボトックス注射で改善できる可能性があります

周囲に嫌がられる体臭のひとつにワキガがあります。
ワキガとはご存知の方も多いでしょうが、汗が細菌と混ざることで発酵して鼻を突くようなニオイを発する体臭です。
これには体質が関係しており、人種で分けると欧米人によく見られ、実際に、欧米人のワキガ率は70%~90%と言われており、黒人に至っては100%がワキガ体質なため海外では珍しくありません。

目に見えてわかりやすい体質の違いでは、耳垢で判断できます。
ワキガ率の低いアジア人は耳垢が乾燥しており、ワキガ率が高い欧米人は耳垢が湿っています。

ただし、ワキガ体質だからといって、必ずしも全員が同じ体臭を放っているわけではありません。
ニオイの強弱も人によって異なるため、ほぼ無臭の人もいます。

こういった方なら、日々のケアでニオイを防げます。
とはいえ、欧米人には当たり前の体臭でも、日本人からしたら一般的なニオイとは言えないので敬遠されてしまうこともあるでしょう。

腋臭を改善できる治療があり、その方法は多様ですが、ニオイがそれほど強くない人ならボトックス注射で改善できます。
ボトックス注射は多汗症の人に向けられた治療でもあり、注射で一時的に汗を止めて、汗をかいてしまうというストレスから解放されます。

効果が切れたら注射を打ち直す必要がありますが、治療を続けることで多汗症そのものの克服も夢ではないと言われています。
ワキガの人には、多汗症で悩む人も少なくありません。

ニオイがそれほど強くない人なら、ボトックス注射での治療を試してみることをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:多汗症

このページの先頭へ