多汗症の治療で評判の良い医師

多汗症とはその言葉通り汗が多く出る病気で、症状が出る部分は頭や背中、脇、胸回り、そして手のひらなどが主流です。
通常、汗は暑い時に体温調節の目的でかきますが、多汗症の人は、緊張した際にしたたり落ちるほど額や手のひらから汗が吹き出すことが多く、重要な会議やプレゼン、そして、学生ならテストの時などに資料や答案用紙を濡らしてしまうような支障が出てしまう可能性もあります。

昔はただの「汗っかき」と言われた症状でしたが、多汗症という言葉が浸透した現在では、神経を切断する手術や汗を止める薬剤が登場するなど、汗に悩む人にとって人生を変えるような施術が行なわれるようになりました。

しかし、例えば手のひらの汗を止める手術は、脇の下を切開して胸の神経を切断するというかなり大掛かりな流れになってしまうので、万が一失敗したらと考えると簡単には手を出せません。

そういったことからも、快適な生活を送る為には良い評判を多く得ている名医を探すのは必要不可欠です。

汗に関する名医は東京や愛知県に多く、都心では東京医科歯科大学医学部付属病院皮膚科やしのみやクリニック、山本クリニックが大変評判が良く、愛知では愛知医科大学付属病院皮膚科・神経内科、東名病院などにスペシャリストがいます。

治療の方法も、手術やボツリヌス毒素療法の他、水道水を使用したイオンフォレーシス療法や塩化アルミニウムなどの外用薬を用いたりと、病院によってバリエーションが広がるので、気になる方法があれば、一度病院を訪れてカウンセリングを受け、長年の悩みを解決しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:多汗症

このページの先頭へ