多汗症治療の手術について

多汗症とは、発汗が異常に増加する症状が現れることを指し、全身性と局所性に分類されます。
局所性の症状は主に、手足や顔、わきの下に起きることが多く、その原因は交感神経の失調によるもので、体温の上昇とは無関係に発汗が起こるのが特徴です。
この症状はまだ社会的に広まっておらず、人知れず悩んでいる方も多く存在します。

症状がひどい場合は日常生活にも支障をきたし、うつ病などの二次障害を引き起こす恐れもあります。

このような多汗症治療の方法には様々なものがあり、塩化アルミニウム液を幹部に塗布することや、ボトックス注射、イオントフォレーシスと呼ばれる電気治療、手術などがありますが、それぞれにメリットとデメリットが存在するため、症状の度合いによって決められます。

手術に焦点をあてて取り上げると、この手術はETSと呼ばれ、発汗のための指令を伝える交感神経を内視鏡を使用して遮断するものです。
これは現在の治療法で最新のもので、術後は劇的に発汗が減少します。

多くの場合、生涯にわたり効果が持続することも期待できます。
この方法は他の保存療法では効果が無く、日常生活で著しい障害を持つ人に向けての治療法となっています。

ただし術後に胴体や大腿部など他の部位の発汗が増えたり、手のひらの手術の場合などに冬場の乾燥が起こるなどの悩みが生じる可能性もあります。
このようなデメリットの起きる可能性も踏まえて、まずは専門の病院で相談すると良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:多汗症

このページの先頭へ