ストレスを溜めず肥満を予防して多汗症を改善しましょう

多汗症と聞くと大量の汗をかく病気のように思いますが、一説では病気ではなく体質ではないかと考えられています。
汗は体温調節を司る重要な生体防御反応と言われており、続発性(原因になる病気がある)と原発性(病気が無く健康な人)があり、全身性多汗症(発汗部位が全身に及ぶ)と限局性多汗症(発汗部位が一部)があります。

限局性多汗症は掌や腋の下、足の裏に多く汗をかく症状で、精神的に緊張した時に発汗が増える傾向にあり、自律神経のバランスにも関係が見られます。

中には、掌から汗が滴り落ちるほどの人もいます。
では、多汗症を予防するにはどうしたら良いのでしょうか。

原因には、汗をかき易い体質もさる事ながら、精神的な問題が深く関わっているケースも多いので、ストレスを上手く解消する事が重要になります。
もう1つ重要な事は食生活の改善で、脂肪を多く含む食品や油分を多く含む食品を控え、また、汗腺を刺激する食品も控えるようにします。

香辛料や嗜好品のコーヒーなども少し我慢することをお勧めします。
また、体重をコントロールして肥満に注意する事も大切で、肥満によって内臓脂肪が増えると、体温が上がって汗をかきやすくなります。

しかし、日頃の生活に気を付けていても症状が出てしまった場合は、心理療法、イオントフォレーシス療法、手術、漢方薬治療、内服薬治療など様々な治療法がありますので、あまり心配せず、まずは、軽い気持ちでカウンセリングを受けてみましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:多汗症

このページの先頭へ