精神性多汗症を克服しましょう

人は誰でも緊張したり、多少のストレスがあるものですが、精神性多汗症はその精神状態が原因で異常に汗をかいてしまう病気の症状です。
緊張や不安が強いとますます汗をかいてしまうので、本人は必死に気持ちを落ち着けようとしますが、それがまた原因となり止まらなくなってしまいます。
その為、人前に出るのが辛かったり、汗が気になって家に引きこもりがちになってしまう人も多いです。

この病気は、精神的な不安やストレスを取り除く事により改善されていきますので、まずは心療内科や精神科を受診し、担当の医師と入念に話し合う事で治療の方針が決められます。

主な治療としては、カウンセリングや自律神経を整える訓練法、そして精神安定剤等の投与があります。

特に、自分に暗示をかけてリラックスしていく自律訓練法を身につければ、薬に頼らずとも様々な場面で緊張せずに落ち着いた行動がとれるようになります。

自律神経を自分の力でコントロールするのは大変難しい事ですが、内面を鍛える事で体質改善の効果が期待できます。
しかし、どうしても精神面だけでは不安に思ったり、とにかく汗を抑えたい、人前で汗をかきたくない人には、手術という方法もあります。

ボトックス注射は効果の持続に期間がありますが、精神性多汗症の人に効果的であると言われています。
実際に半数以上の人が汗の減少を実感しており、注射をすれば汗をかかないという安心感が精神面に良い影響をもたらしていると考えられています。

まずは自分の内面と向き合い、克服する気持ちを強く持つことが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:多汗症

このページの先頭へ