多汗症を抑えるボトックス治療

ボトックス注射は、ボツリヌス毒素から抽出した成分を使って筋肉の動きを抑制するとして、様々な治療に使われています。
顔の皺を目立たなくしたり、小顔になれるなど美容整形で広く利用されていますので、名前を聞いた事がある人も多いでしょう。
そして、このボトックス注射は多汗症を抑える治療にも使われています。

腋の下に注入する事でエクリン汗腺の活動を抑制するので汗の分泌が治まり、約半年ほど効果が持続します。
効果は徐々に現れてくるので、周囲に気付かれにくいメリットがあります。

また、治療時間も約5分から10分という短時間で、すぐに普段の生活に戻る事も可能ですので、時間が無い人でも気軽に治療が受けられるでしょう。
手術ではないので皮膚を切る必要はなく、傷が残るのが嫌な人や、なるべく手術はしたくない人に向いている方法です。

その他多汗症以外でも、夏の暑い時期や普段の汗を抑えたい人にもボトックス治療は効果があります。
最近の専門機関はプライバシーにも配慮していますので、汗や臭い等で悩みがある人は、まずはカウンセリングだけでも受けてみる事をお勧めします。

効果は個人差がありますし、手術の様に切除する訳ではないの、定期的に治療を行っていく必要はありますが、その特徴を踏まえた上で、自分にはどの方法が良いのか良く考えて判断すると良いでしょう。

塩化アルミニウムを塗るだけで汗が治まるという治療方法もあり、これはクリニックで処方されますので、まずは訪れてみましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:多汗症

このページの先頭へ