静岡のお茶は、日本の中でもトップクラスを誇れるレベル

日本のお茶処の中でも、静岡はトップクラスを誇るレベルであり、全国的にも有名です。
雄大な空と富士山をバックに広がる緑の茶畑は、観光名所としても、見る人々の目に優しく、こうした茶畑が至るところに広がっています。
稲畑とはまた違った、どことなく丸みを帯びた立体的な茶畑は、暖かく穏かな気候のもと育まれています。

また、個人宅においても、茶畑を所有して栽培しているところもあります。
お茶を日本にもたらした禅宗仏教の僧侶が静岡ゆかりの人物であったことから、現在のようにお茶が県内各地に広まったと言われています。

さっぱりしたものも渋みのあるものも、どれも茶葉の持つ風味に限りなく近い深みを持っているのが特徴です。
実際に煎じてみると、少しの茶葉の量でも、茶葉と同じくらいの鮮やかな深い緑色の飲料ができあがります。

このような鮮度と風味の質が高いため、茶葉そのものを天ぷらにして食したり、粉末の抹茶にして塩に混ぜ、これを天ぷらに付けて食するという方法も生まれています。

観光のお土産としても人気の高い静岡茶ですが、飲食店では必ずと言って良いほど、お水のようにサービスされます。

土産屋や宿泊施設での販売は勿論のこと、工場を実際に見学することもできますし、工場の直営店からインターネットを通じて通信販売で購入することも可能です。

現地で飲むだけではなく、このように様々な人々へのニーズに応じた楽しみ方が増えているのも魅力となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:お茶

このページの先頭へ