妊娠中はお茶にも気をつけること

妊娠中には、気をつけなければいけないことがたくさんありますが、飲むお茶もそのひとつです。
飲み物で良くないと言われているものは、アルコールはもちろん、コーヒーや紅茶といったカフェインが多く含まれているものも良く知られています。
しかし、お茶にも種類によってはカフェインが含まれているので気をつけましょう。

例えば、緑茶はカフェインが入っています。
それだけでなく、緑茶には鉄分の吸収を妨げる効果もあります。

そのため、食事の際にとる飲み物としては、妊娠中にはお勧めできません。
ただでさえ鉄分が不足しがちで、貧血になりやすい時期です。

せっかく葉酸のサプリメントを飲んでも、吸収そのものを妨げてしまえば、意味がなくなってしまいます。
また、紅茶にもカフェインが含まれています。

そこで、妊娠中は麦茶を飲むことをお勧めします。
麦茶にはカフェインがまったく入っていません。

赤ちゃんがミルクや母乳以外で最初に飲み始めるものとしても最適の飲み物でもあります。
水分はしっかりと摂らなければいけませんから、これならば安心して飲むことができます。

妊娠中だけでなく、出産後も母乳で育てるのであれば、同じように気をつけましょう。
ただし、まったくカフェインを摂ってはいけないというわけではありません。

過度の我慢はストレスになってしまい、かえって体に負担がかかることがあります。
1日1、2杯程度なら大丈夫なので、神経質になりすぎずに、うまく飲み物を選んで摂取していくことが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:お茶

このページの先頭へ