お茶を飲みながら俳句でもどうですか

秋になると、なんとなくもの悲しいような寂しいような、心をキュンと締め付けられるようで、どことなくロマンチックな気持ちになるものです。
そんな時に、貴方はどうしますか。
芸術の秋などとも言う事がありますが、多くの人々は、そのような郷愁感を感じると、いつの間にか芸術家のように感性を震わせてしまうようです。

特に、四季の変化が著しい日本においては、活動的な夏が過ぎて、どこか淋しげで静かな秋の季節となると、詩を作ってみたり、音楽に親しんでみたりと、芸術的な感性の才能を開花させる人が多いです。

今度の秋には、あなたもそんな芸術家の仲間入りをしてみてはいかがでしょうか。
例えば、秋の色にその身を変えた山々を眺めながらお茶をすすり、俳句を作ってみるのも素敵です。

まさに、日本人といった感じの芸術的な活動であると言えます。
日本人にとって、俳句というものはとても身近なものであり、国語の時間などにも作ってみたり、コンクールや催し物が多く行われています。

俳句というものは、いわゆる5・7・5から成り立つもので、語感やゴロが良く作れる作品です。
多くの人々は、すぐにとはいかなくても、作ろうと思えば俳句というものは割と簡単に作れるのではないでしょうか。

心の想いをそのままに、貴方の感じた通りに言葉を並べる事で、それは出来上がります。
日本人としての風流を味わうべく、今度の秋には美味しいお茶でも飲みながら、俳人になってはいかかですか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:お茶

このページの先頭へ