お茶犬は、癒しをテーマに開発されたキャラクター

お茶犬は、2002年に誕生した、癒しをテーマに開発されたキャラクターです。
全部で7種類あり、それぞれお茶の種類によってキャラクターの顔や色、特徴が違っています。
どれも可愛らしく、小さい子供からお年寄りまで、幅広く人気があります。

また、あるお茶のメーカーがこのキャラクターのおまけをつけて販売したところ爆発的な人気となり、おまけだけでは満足しない人たちがグッズを求めてたくさんの商品が売れました。

中でも、お茶犬の声と香りがするぬいぐるみは予約しておかないと手に入らないくらいの人気商品で、今までにない可愛らしさと、香りがするおもしろさが特徴です。

このぬいぐるみはちょうど小さな子供が抱くのにちょうど良いサイズになっており、電池式で、犬の鼻の部分を押すとワンと鳴き、その鼻の匂いをかぐと、ふんわりとおいしそうな抹茶の香りがするというものです。

当時、癒しという言葉が大流行したこともあり、他にもたくさんの商品が出て人気を呼びました。
そして、お茶犬のアニメやゲームソフトも開発され、メディアにも取り上げられるようになりました。

また、同じ系列でお茶猫という兄弟キャラクターも登場し、そちらも大人気です。
キャラクターが動物ということと、癒しをテーマにすることによって、人の気持ちをすっかり捉えて大ヒットのキャラクターとなりました。

これからも末永く人気は続くと思われ、関連商品も工夫して開発され、出回ってくることでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:お茶

このページの先頭へ