茶葉を摘んだ後に発酵させるかさせないかで種類が変わるお茶

緑茶や烏龍茶、紅茶など、お茶には様々な種類がありますが、これらは全て同じ茶の木の新芽を摘んだものです。
また、茶の葉は摘んだ後、時間が経過すると萎れて色が変化したり花のような香りが出たりします。
こういった状態のことを発酵と言い、十分にこの発酵を行って加熱させたものが紅茶、発酵をせずに摘んだ葉をすぐに加熱したものが緑茶となり、この2つの状態の中間の半発酵で作られるのが烏龍茶です。

このように、異なった工程作業によって、見た目や味わいの違う3つの茶に作り分けられます。
そもそもお茶とは何なのかと言うと、茶の木はツバキ科の多年生植物で、学名をカメリアシネンシスと言います。

温暖で雨の多い場所を好むこの茶樹の品種ですが、大きく分別すると中国種とアッサム種の2種類に分けられ、日本の緑茶は中国種に入ります。

一方のアッサム種は、酸化酵素の働きがとても活発で発酵しやすいため、紅茶にするのにはこちらが適しているのです。

日本では緑茶をイメージすることが多いですが、世界各地でもお茶は生産されており生産量は年々増加しています。
例えば、茶の発祥地でもある中国は世界一の生産量と多彩な茶の種類があり、生産する四分の三は緑茶です。

紅茶の生産量でトップなのはインドで、ダージリンはヒマラヤに近い高地で栽培される最高級の紅茶と呼ばれています。
他にも、品種の違う多様な烏龍茶なら台湾、紅茶の生産国のトルコなど、様々な国で茶が作られています。

茶葉を摘んだ後にどのような工程を行うかで3つに分けられるこれらの茶を飲む時は、生産国をチェックしてみるのも良いかもしれません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:お茶

このページの先頭へ