茶を淹れるのに適した水は微酸性のもの

お茶を淹れるのに適した水とは、微酸性の軟水です。
日本は大体微酸性ですので、水道水を使用しても問題ありません。
ただし水道水には塩素が含まれているので、必ず沸騰させてから使用しましょう。
市販のミネラルウォーターを使用する時は、外国産の多くはカルシウムやマグネシウムを多く含む硬水なので、お茶を淹れるのには適していません。

例えば、カルシウムやマグネシウム等のミネラル成分が含まれているもので淹れると、カテキンやカフェインと反応して味が淡白になったり、香りが少なくなって濁った色となってしまいます。

このように、折角の美味しいものが見た目も香りも悪くなってしまうのです。
更に、茶葉や発酵方法等の違いでそれに適した温度があります。

例えば緑茶(玉露)は50度程度が適温で、中国茶(白茶・緑茶)と日本茶(上煎茶)は70度程度、日本茶(煎茶)は80度程度、紅茶、日本茶(玄米茶・ほうじ茶)、中国茶(青茶)は100度とそれぞれ異なります。

それは、お湯の温度によって浸出する香味成分が異なる為で、渋み成分のカテキンは80度以上の高温で、旨み成分のアミノ酸は50度以上の低温で溶け出しやすいとされています。

家庭で普段飲む事が多い日本茶(煎茶)にも、少しの工夫で美味しくするコツがあります。

それは、お湯をやかんで沸騰させてから、やかんの口を開けて蒸気を5分以上出すという方法で、これをするとカルキ臭(塩素臭)が抜けて、日本茶(煎茶)の香りがより良くなります。

このように、少しの手間を掛けるだけで普段のお茶を美味しく楽しめます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:お茶

このページの先頭へ