日本のお茶を楽しみましょう

アメリカはコーヒー、イギリスは紅茶といった様に各国で愛されている飲み物がありますが、日本では無論日本茶でしょう。
これは一般的に緑茶を指しますが、その中には色々な種類のお茶があります。
煎茶、番茶、ほうじ茶、玉露、玄米茶等、全て含まれているというのはご存知でしたか。
緑茶=煎茶と思われがちなのですが、番茶でも玄米茶でも皆緑茶を飲んでいるという事になります。

緑茶とは、摘み取った茶葉が酵素の働きで変化してしまわない様、葉を蒸す作業を加えたものを言いますが、この通常の製茶方法で作られたお茶が煎茶です。

これを硬い茶葉や古葉を使用して作られたものが番茶で、また、煎茶や番茶等をキツネ色になるまで強火で焙煎したらほうじ茶、玄米を蒸して乾燥させ炒ったものを煎茶や番茶と同量で混ぜたのが玄米茶となります。

日本茶の最高級クラスである玉露は茶葉の栽培方法が異なり、20日程覆いを被せて育てています。
それよりも長めに被覆するとてん茶となり、これを石臼で挽くと抹茶の出来上がりです。

この様に、同じ緑茶でも好みや場面で色々選択出来るのは日本茶ならではかも知れません。

しかも、飲み物としてだけでなく料理にも幅広く使えるので利用価値が高いと言え、例えば抹茶を使ったスイーツはすっかり定番になっていますが、抹茶をポタージュにして頂いたり、緑茶でご飯を炊いてカレーと合わせたり、パエリアを作ったり、茶葉と味噌を合わせておにぎりに乗せて食べたりと色々な形で楽しめます。

今ではペットボトルで手軽に飲めますが、たまには自分の好きな茶葉を選んで、急須でお茶を淹れてみるのも良いのではないでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:お茶

このページの先頭へ