収穫時期によって味わいが異なる台湾のお茶

烏龍茶を中心としてバリエーションが豊富な台湾は、世界中のお茶好きの人々を魅了する茶の名産地の一つです。
温暖な気候である為、茶の葉を加工して飲める状態にする製茶がほぼ一年中可能で、3月中旬から5月上旬までは春茶、5月中旬から8月中旬までは夏茶、9月上旬から10月中旬までが秋茶、10月下旬から11月下旬までを冬茶と言い、収穫した時期によって呼び名が変わります。

また、夏茶に関しては2回収穫され、1回目が5月中旬から6月下旬、2回目は7月上旬から8月下旬となっています。

それぞれの違いですが、春茶は爽やかな香りとすっきりとした正に新茶の味わいで、夏茶はカフェインが多く含まれており濃厚な風味です。

秋茶には若干の渋味と淡白な味わいが見られ、爽やかな香りと共にしっかりとした風味も持ち合わせています。
清々しい香りが魅力の冬茶は、春茶程の豊かな風味は無いものの、口当たりの良い柔らかさなら1番でしょう。

このような特徴を持つ台湾のお茶ですが、実際にはどういった物があるのか一部紹介していきます。

まずは、世界的にも非常に高い人気を誇り、台湾茶の銘茶としても知られている「凍頂烏龍茶」で、爽やかな花の香りと円やかな味わいを持っており、薄めに淹れて香りを楽しんだり、反対に濃く淹れて味を堪能するなど、淹れ方によって味わいが変化する奥深いお茶です。

続いて紹介する「東方美人茶」は台湾茶の中でも歴史のある烏龍茶で、魅惑的な甘い香りからオリエンタルビューティーとも呼ばれ、多くの人々に愛飲されています。

こうした魅力的な台湾茶を是非一度飲んでみて下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:お茶

このページの先頭へ