イライラ解消に飲むお茶は抹茶がお勧めです

ある企業で行った40代~50代男性のストレスの実態と、ストレスを持つ男性に対する妻や部下のOLの評価についての調査を実施したところ、40代~50代の男性の63.8%が日常でイライラを感じ、20代~30代の頃と比べてイライラの頻度が多くなったと66.4%が回答しています。
一方、周囲の女性の評価では、夫との生活に不安を感じていると回答した妻は42.3%で、部下の女性の半数以上が、尊敬出来ない、嫌悪感を持つ、みっともないと言った厳しい評価を回答していました。

イライラは男性ホルモンの分泌を抑制してしまう事から、男性更年期障害を誘発してしまう可能性があるので、更年期障害になる前にイライラを軽減させる工夫が必要です。

また、この調査報告の中では、予防策としてリラックス成分のテアニンの摂取を推奨しています。
お茶にはテアニンが多く含まれており、お茶の中でも、煎茶や番茶よりも玉露や抹茶に多く含まれている事が分かっています。

緑茶には、テアニンの他にビタミンCやベータカロチン、ビタミンE、カテキンなどの抗酸化成分も含まれ、不満抑制やコレステロール上昇抑制、抗アレルギーや抗菌作用を持つ事も知られています。

しかし、こうした機能性成分を期待しても、緑茶としてお湯で抽出した場合に溶け出さない成分があり、茶殻に栄養成分が残ってしまい摂取出来ない事実があります。

例えば、ベータカロチンやビタミンEは脂溶性なのでお湯に溶け出ません。
ですから、緑茶よりも抹茶として飲んだ方が丸ごとの栄養が得られるので断然お勧めです。

暑い日には冷抹茶で涼しさを感じればイライラ解消にも役立ち、寒い日には温かくして飲めばリラックス出来るのではないでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:お茶

このページの先頭へ