伊藤園のお茶とそれに携わる事業

伊藤園の緑茶と言えば「お~いお茶」が代表的ですが、その種類は、ベーシックな物から濃いのに後味が爽快な物、契約茶園の一番摘み茶葉100%使用の物、ほうじ茶や玄米茶など数種類あり、その他にも、麦茶やそば茶なども販売されています。
緑茶の成分であるカテキンには、血中コレステロールの低下や癌予防、抗酸化作用があり、カフェインには疲労感や眠気の除去、利尿作用、そして血圧低下作用のあるサポニンやテアニン、消臭作用のクロロフィルなどが含まれていて、多様な効果を得られる飲み物なのは間違いありません。

伊藤園のコンセプトは、「自然」「健康」「安全」「良いデザイン」「おいしい」の5つを柱とし、原材料や栄養成分、そして製法にまでこだわりを持った逸品になっています。

お茶を通した事業は幅広く、緑茶飲料が年々売り上げを伸ばしているのに対し、生産現場では作り手の高齢化や後継者不足によって茶農家が減り続けていることを踏まえ、指定した茶葉を全て買い取る契約栽培や遊休農地を茶園へ造成するなどの茶産地育成事業を行い、農業の発展にも携わっています。

また、ここでの製造は急須で入れるのと同じ抽出の仕方をしているため大量の茶殻が発生しますが、それを肥料や飼料に変えるだけでなく、緑茶の消臭効果を活かしたボードや樹脂、紙製品や畳など、数々の資材に活用しています。

それにより、木材やプラスチックの使用量の軽減にも繋がり、環境保全にも役立っているのです。

普段の飲み物を体にも環境にも優しい伊藤園のお茶に変え、ほっと一息つける時間を設けて、生き生きとした毎日を送りましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:お茶

このページの先頭へ