コーヒーやお茶には健康に役立つ成分が含まれています

コーヒーやお茶は嗜好品と言われ、味覚や嗅覚を楽しむものというイメージが大きいですが、実は健康にもよいものです。
例えば、コーヒーには主な成分としてカフェインやクロロゲンが含まれていますが、カフェインには交感神経を活性化する働きがあり、眠気覚ましや集中力を高めたり、イライラや疲労感を解消させたりするほか、新陳代謝の促進や利尿作用などから老廃物の排出にも役立ちます。

また、血流促進作用があり、体温が上昇して脂肪が燃焼されるのでダイエットの効果があるとも言われており、運動前に摂取するのがお勧めです。
クロロゲンは、ポリフェノールの一種で抗酸化物質であり、肝臓がんや糖尿病の予防にも効果が期待されています。

一方、お茶には日本茶や紅茶、中国茶がありますが、日本茶は茶葉を発酵させずに蒸して作るという特徴があり、カルシウムやカリウム、鉄、カロテン、ビタミンCなどの栄養素が豊富に含まれています。

そして、コレステロール値や血糖値の上昇を抑えたり、血栓を防いだり、活性酸素を中和したりするカテキンも含まれており、風邪や口内炎、口臭や虫歯予防などにも効果があると言われています。

また、茶葉を完全発酵させて作る紅茶は、カルシウムやカリウム、鉄、フッ素、カフェイン、タンニンが含まれていて、タンニンには強力な抗菌作用があるため二日酔いの解消や疲労回復、消化不良、高脂血症、老化、食中毒、虫歯などの予防に期待ができます。

そして、種類も豊富な中国茶は、カルシウムやカリウム、鉄、カロテン、カテキン、ポリフェノールが含まれていて、発がん性物質などの攻撃防止にも期待が持てます。

このように、コーヒーやお茶には様々な効能があり、健康にもよい飲み物です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:お茶

このページの先頭へ