お茶の種類は大きく分けて3つに分類されます

日本というと代表的な飲み物が緑茶になります。
国内でも特に京都の宇治や静岡は有名ですが、お茶は茶葉を摘み取った直後に熱を加えて発酵をやめるか、若干発酵させた後に熱を加えて発酵をやめて加工するか、完全に発酵させた後に加工するか、大きく分けて3種類に分類されます。
すべて同じ茶葉から作られているのですが、この発酵の度合いや加工の手順で味わいはかなり変わってきます。

茶摘み後に蒸気で熱処理をして茶葉の発酵をやめた後に加工したものは不発酵茶と言われていて、茶葉が緑色を保っているお茶になります。

煎茶や深蒸し茶、玉露、かぶせ茶、番茶、ほうじ茶、玄米茶、抹茶、甜茶、玉緑茶がこの部類になり、ほうじ茶は色が緑ではありませんが、煎茶を強火で焙煎したものなので分類は不発酵茶になります。

次に、若干発酵させて加工したものは半発酵茶と言われていて、一定期間発酵した後に熱処理をしたり、製茶の過程で一部発酵を取り入れた製茶法で烏龍茶が該当し、発酵をやめた緑茶と完全発酵した紅茶の中間に位置する代表的なお茶になります。

烏龍茶は主に、中国の福建省や広東省、台湾などが代表的な生産地です。
そして、茶摘み後に完全に茶葉や芽を発酵させた後に加工したお茶が発酵茶で、その代表的なものが紅茶になります。

紅茶は全世界で生産されていますが、代表的な生産地はインドやスリランカが有名です。
このように大きく分けると3種類になり、日本で生産されているのは主に不発酵茶と言われるものです。

どれももともとの茶葉は同じですが、発酵と加工によって味が変わってきます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:お茶

このページの先頭へ