お茶が、人体の健康を維持することに役立っています

私達が日々健康に活動する為には、食生活への配慮が必要で、飲み物も例外ではありません。
その中でもお茶は昔から日本人に飲まれ続けており、日常的に馴染みのある飲み物となっています。
お茶には、緑茶、紅茶、中国茶などいくつかの種類があります。
緑茶は人体に良い影響を与える様々な成分が含まれており、広く知られているものではカテキン、カフェイン、テアニン、ビタミン類、サポニンなどが挙げられます。

その効果は、カテキンについては抗酸化作用と共に癌予防の効能が期待出来るというものが有名で、血中のコレステロールの低下にも役立っていることが確認されています。

他にも、カテキンには虫歯の原因菌となるミュータント菌を抑制する作用や消臭予防の効果があります。
カフェインは覚醒作用や利尿作用、テアニンは脳波にアルファ波を発生させリラックス作用をもたらしてくれることでも知られています。

また、ビタミン類は皮膚や粘膜細胞の活性化に作用し、動脈硬化の予防や夜間視力の維持などにも効果を表す成分です。
そしてサポニンは抗酸化作用を示し、インフルエンザの予防に効果があると言われます。

こうした成分が含まれる緑茶以外の中国茶や紅茶は、その製造工程が異なることから、酸化酵素の働きによって独特の香りや風味を醸し出します。
中国茶などのカテキン類の重合ポリフェノールも抗酸化作用や抗菌作用が見られ、それが徐々に解明されつつあります。

健康維持のために、身近な存在であるこういったお茶を積極的に活用してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:お茶

このページの先頭へ