お茶には血圧を下げる効果があります

様々な飲料が日本には流通していますが、緑茶は日本人にとって欠かせない飲み物の一つです。
静岡や宇治は日本二大茶とも言われるほど有名な高級ブランドで、日本の代表的な飲み物です。
この緑茶には体にとって良い有効成分がたくさん含まれており、特にカテキンは血圧上昇を抑える効果が見られるので、高血圧の方にお勧めします。

ただし、たくさん飲めばよいというものではなく、継続的に摂取することが大切です。

緑茶には他にカフェインが含まれているので、交感神経が活性化してエネルギーを消費しやすくなるので、ダイエット効果も高くなると言われていますが、摂り過ぎはあまり良くありません。

適量を継続的に摂取することをお勧めします。

他にも、サントリーで発売している胡麻麦茶も特定保健用食品として注目されており、飲み始めてからおよそ3ヶ月で血圧が下がるのを実感できるという調査結果もあり注目されている商品です。

また、そばアレルギーでなければそば茶もお勧めで、最近は手軽に飲めるティーバックタイプもあります。
価格も比較的手頃で、味が香ばしくて飲みやすいという声も多く人気となっています。

また、自分で作れる玉ねぎ茶というのも注目されており、玉ねぎの皮に含まれているケルセチンという成分が血圧を下げる効果があり、自分でも手軽に作れるので挑戦してはいかがでしょうか。

作り方は、玉ねぎ3個分の皮を水1リットルに入れて、5分ほど煮立たせて冷蔵庫で冷やすだけです。
自分に合ったお茶を、ぜひ試してみて下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:お茶

このページの先頭へ