夏は冷房によって頭皮の乾燥が起こりやすい

日本の夏というと蒸し暑いイメージを持つ人も多いです。
たしかに、高温多湿でジメジメとした夏は日本特有の気候と言えると思います。
しかし、そんな日本でありながら、意外にも乾燥で悩んでいる人も多くいます。
というのも、高温多湿の日本であるため、室内ではクーラーで冷やしたり除湿機能を使用しているところがほとんどだからです。

そのため、クーラーがかかっている室内でずっと働いている事務職の人やコンピュータプログラマーなどでは、夏の悩みとして乾燥を多く挙げています。
乾燥によるドライアイやカサカサの肌といった症状がありますが、特にやっかいなのが頭皮の乾燥です。

というのも、クーラーの乾いた風というのは、上から当たってくることが多いため、夏の冷房によって頭皮がカサカサになってフケが多くなるケースが見られます。

そして、酷いときには抜け毛や薄毛、そして髪質の悪化など、髪の毛に悪影響を与えることもあります。
だからこそ、夏の室内で働き続ける人は地肌からきちんとメンテナンスをする必要があるのです。

そのメンテナンスでは、まずシャンプーで地肌から丁寧に洗うことが大切で、シャンプーは地肌が荒れているため低刺激のものを選びましょう。

そして、シャンプーはきちんとすすいで、洗剤を地肌に残さないことも重要で、さらに、保湿性の高い乳液や美容液でケアすることも大切です。

このように、夏だからこそしっかり頭皮のケアをして、保湿することが必要不可欠と言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:頭皮

このページの先頭へ