頭皮の炎症とかゆみについて

頭がかゆいため常にかきむしってしまい、なかなかかゆみが治らないというような症状がある人は、頭皮が炎症を起こしている可能性があります。
頭皮の炎症は、湿疹や赤みを伴っていることが多く、抜け毛の原因となりますので、そのままにしておくと危険です。
まずは、炎症を起こしてしまう原因を探っていく必要があります。

原因はさまざまであると言われていますが、頭皮を清潔な状態に保つことができないことが原因であることが多いです。
毛穴に汚れや脂分が詰まってしまい、赤みなどの症状があらわれてしまいます。

また、これとは逆のことも原因となることもあり、シャンプーを必要以上にしてしまっても症状が出てしまいます。
シャンプーを必要以上にすることで頭皮を傷つけてしまい、そこから細菌が入り込むことで症状を引き起こすのです。

そのほかの原因としては、紫外線を浴びすぎてしまうことや普段の食生活や生活習慣も挙げることができます。
症状が軽い初期の段階であれば、日常生活の中でヘアケアを改善することで、症状を良くすることが可能です。

その際には、洗浄力が強く刺激の強いようなシャンプーは控え、洗浄成分にアミノ酸を配合している刺激の少ない優しいものを選ぶようにしてください。

また、ヘアケアを改善したのに症状の緩和が感じられなかったり、逆に悪化していくようであれば、皮膚科を早期に受診することをお勧めします。

脂漏性皮膚炎といわれる、かさぶたができてしまう症状などが出た場合にも、皮膚科を受診する必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:頭皮

このページの先頭へ