薄毛の原因に頭皮の角栓について

薄毛で悩んでいる人は、男女関わらず大勢います。
その薄毛の原因と言うのは、遺伝・ストレス・紫外線など、いろいろと指摘されています。
それぞれにストレス発散させたり、帽子や日傘を利用したりして、いろいろな対処法を施している人が多いです。

そのなかで忘れてはならない薄毛の原因に、頭皮の角栓を挙げることができます。
これは、角質という皮膚を覆っている油脂が、酸化することによって固化したものが毛穴に詰まって塞いでしまうことです。

髪の毛が出てくるところが塞がれたため、生えにくくなってしまい薄毛の原因になります。
特に脂性肌の人は油脂が多く分泌されるため、角栓ができやすくなってしまい薄毛になるリスクが高まります。

そのため、脂性肌を改善することで、角質を作らないようにするのが大切です。
たとえば、脂っこい食事やアルコールを控えて、皮膚の脂性を改善する方法があります。

分泌される油脂が減れば、それだけ毛穴が詰まる可能性を減らしてくれます。
また、定期的に洗髪して頭皮の油脂を洗い流すことも大切です。

しかし、それでも角栓ができてしまう人がいます。
その場合は、角栓を溶かしてしまうスプレーやシャンプー、専用のブラシを使った洗髪などをする必要があるでしょう。

しっかりと除去することで毛穴がすっきりとして、新しい髪の毛が生えやすい環境を整えることができ改善に繋がります。
このように、しっかりと対処すれば薄毛の予防と改善をさせていくことができるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:頭皮

このページの先頭へ