頭皮の臭いの原因と改善方法

自分の頭皮の臭いで悩んでいる方はいます。
特に、多量の汗をかきやすい夏場や狭いエレベーターの中、満員電車といった空間などでは気になっているという方も多いのではないでしょうか。
頭の地肌部分からは、汗と共に臭いの原因となる物質を含む皮脂が分泌されています。
その皮脂に含まれる脂肪酸が酸化したり、あるいは、皮膚の常在菌に分解されて雑菌の繁殖などが起こることで臭うのです。

また、原因は他にもあり、シャンプーで洗った際に皮脂が頭皮部分に残ってしまうと、雑菌が繁殖して臭う元になります。
毛穴の数が多い頭皮は老廃物や整髪剤が残りやすいので、毛穴にも詰まりやすいのです。

こうした原因が挙げられる頭皮部分の臭いは、予防するための対策はいくつかあります。
例えば、洗髪時には、まず最初に38度から40度の湯で頭の汚れを洗い流してからシャンプーを行うと効果的です。

5分程時間をかけてしっかりと丁寧に洗い流すことで、半分以上も汚れを落とせると言われています。
シャンプーは手に取って1度泡立ててから付けるようにし、爪を立てずに指の腹を使って優しく洗っていきます。

痒みがある方は爪を立てて洗いたくなるかもしれませんが、爪の刺激で逆に乾燥やフケを招き、一層痒みが増してしまうので気をつけましょう。
さらに、毛穴に詰まった皮脂を取り除くにはオイルの使用もお勧めです。

頭の地肌用オイルを使えば、普通のシャンプーだけでは落としにくい毛穴の奥の皮脂や汚れも浮かせてくれます。

洗髪方法を変えたり、オイルを使用することで臭う頭皮の解消にも繋がる可能性があるので、是非試してみて下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:頭皮

このページの先頭へ