頭皮のにおいは、毛穴の汚れや皮脂の洗い残しが原因です

エレベーターや満員電車等の密閉空間で、独特の頭のにおいを感じた事がある人は多いのではないでしょうか。
この頭のにおいは、毛穴の汚れや皮脂の洗い残しが原因です。
頭の皮膚、つまり頭皮には、鼻や額のTゾーンの2倍もの皮脂腺があり、毛穴も髪の毛で覆われている為に多量に汗をかいています。
その汗は元々無臭ですが、汗と皮脂が混ざり酸化する事によりにおいの原因となります。

他にも、汗に反応して雑菌が繁殖しても臭くなります。
汗をかく事を止める事は出来ないので、正しい頭皮ケアをしてにおいを解消しましょう。

まず、シャンプー前の予洗いが大切です。

髪の毛が汚れているとシャンプーの泡立ちが悪くなり、泡立ちが悪いと多くの方はシャンプーを足して泡立たせてしまいがちですが、その結果、洗い残しが増えて臭くなる原因を作る事になります。

その為、3分程度お湯で予洗いするか、シャンプーを足さず2度洗いするかをします。
臭いからといって洗い過ぎる事も良くないので注意が必要です。

次は、雑菌が繁殖しないよう汚れを残さず取り除きますが、髪の毛ではなく皮膚を洗う感覚でマッサージするように洗いましょう。
勿論、すすぎも丁寧に行い、シャンプーやコンディショナーが残らないようにします。

すすいで汚れを取り除いたら乾燥で、濡れた状態での放置は湿度が高くなりカビや雑菌が溜まるので、念入りに乾燥させます。
洗い方も乾かし方も必要以上にやりすぎないように心掛けるのがコツです。

そして頭皮ケアでは、悪影響を及ぼす食事にも気を付けなければなりません。
動物性タンパク質は皮脂の分泌を促すので、脂っこい食事は避けて野菜中心の食生活に改善してみましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:頭皮

このページの先頭へ