頭皮トラブルはオイルマッサージで改善

日々の生活でストレスを感じることは多いものですが、髪も、紫外線や湿度、汚れなどのストレスでダメージを受け続けています。
頭の髪や皮膚は、毛穴の中にある皮脂腺から適量分泌された皮脂によって保護されています。
皮脂は健康な髪を育てる為には必要不可欠なものですが、過剰に分泌されると毛穴を塞ぐ原因になったり、健康な髪を育つことを妨げたりします。

そうなると、頭の皮膚がべたついたり乾燥する、皮膚が硬くなる、フケや痒みが出る、臭いがする、髪がパサついて艶がなくなる、抜け毛が増える等の症状が出ます。

毎日シャンプーで洗髪しているから大丈夫というものではなく、ヘアサロンでのヘットスパ等もありますが、家で手軽にできる改善策として、週に1度のオイルマッサージがお勧めです。

油は油に溶ける性質があるため、シャンプー前の乾いた状態の頭皮にオイルを少しずつ馴染ませ、指の腹の部分を使って優しくもみ出すように擦り込んでいき、全体に馴染んだらホットタオルを巻き20分程度保温します。

時間を置いた後、通常通りのシャンプーとリンスをして、タオルドライをし、ドライヤーで根元からよく乾かして、最後に少量のオイルを毛先に馴染ませます。

お勧めは、酸化しにくくて紫外線に強く高い保湿力があるココナッツ油やホホバ油、定番の椿油やあんず油などです。

皮脂を油でふやかし、マッサージすることで汚れをもみ出すだけでなく、マッサージで毛穴の中のコレステロールを分解して、細胞や血液の循環を活性化させて育毛を促進させます。

頭皮トラブルの改善策として効果的ではありますが、油はつけすぎるとべたつくので、仕上げは少量というのがポイントです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:頭皮

このページの先頭へ