頭皮の痛みケアについて

頭皮が痛いと感じたら、頭皮神経痛の疑いがあります。
これは引っ張られている感じの痛みや髪を掻き上げるだけで激痛が走る症状で、抜け毛が酷くなる事もあります。
この病気の原因には様々な種類があり、例えば、疲労やストレス、腫瘍や脊椎ヘルニア等が挙げられます。

疲労やストレスが原因の場合は血行不良に陥っているので、血行を促すマッサージやストレッチが効果的です。
腫瘍や脊椎ヘルニアが原因の場合は、痛みが続くようなら病院でMRIやCT等の画像診断を受けます。

脳の病気は一刻を争うので早めに対処しましょう。
他に、自律神経の乱れで免疫が下がる事や、パソコンで目を酷使する事、背骨の歪みや酷い肩凝りがある事等も挙げられます。

そもそも神経痛という病気は自律神経に深く関連しているので、生活改善が解決の鍵になります。
早寝早起きや残業を減らす事、食生活に気を使う等の生活改善や、ストレス発散をしてみて、それでも痛むようなら病院での診察をお勧めします。

頭皮が痛む以外の症状で、赤かったりかゆみも伴ったりする場合は、シャンプーが合わないという事も考えられます。

地肌に良いとされているのはアミノ酸配合のシャンプーや化学物質無添加のシャンプーで、皮膚の赤味やかゆみが現れた場合、地肌に優しい物で洗ってみましょう。

シャンプー以外では、夏にかけて強くなる紫外線やドライヤーの距離でも地肌を傷付ける原因になります。
赤味やかゆみの解消は抜け毛の予防にもなるので、日頃からケアをする事が大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:頭皮

このページの先頭へ