頭皮のケアが大切な薄毛とその原因

薄毛は、何らかの原因によって髪の毛が細くなったり、抜けてしまったりして髪が正常に育たなくなることで起こります。
髪の毛の本数を平均10万本程とする場合、1日に50本から100本は自然に脱毛していますが、150本以上抜ける状態が続くと病的な抜け毛である可能性が高いです。
そもそも、頭髪が薄くなるのは遺伝的なものやストレス、不適切なヘアケアなどいくつかの原因があり、遺伝は、男性ホルモンの分泌量が多ければ多いほど薄くなりやすく、そうした体質が遺伝すると言われています。

ストレスによるものでは、精神的なダメージを受けると筋肉が収縮し、血管が細くなります。
血管が細くなることで血流も滞りやすくなり、毛根部分に様々な栄養素がしっかりと届かないため、髪が育ちにくくなるのです。

そして、不適切なヘアケアとしては、朝晩のシャンプーなど過度な洗髪を行ったり、また、反対に洗わず不潔な状態にしていることも薄毛の原因となります。

改善するには、こうした原因を1つ1つ取り除くと良いのですが、特に大事なのは頭皮環境を整えることです。

例を挙げるなら、頭皮マッサージや地肌ケアをするといった方法で、マッサージをすれば頭皮の血の巡りが良くなるので毛根が活性化して地肌も柔らかくなり、なかなか取れなかった皮脂が取り除きやすい状態になります。

また、地肌ケアですと、洗髪はぬるま湯で予洗いしてほこりや汚れを落としてからシャンプーをする、ゆすぐ際にはシャンプーの成分を残さないようたっぷりの湯を使って丁寧に落とすなど、正しい洗髪方法で行いましょう。

薄毛の予防としてまずは、土台となる頭皮を清潔な状態に保つことから始めてみましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:頭皮

このページの先頭へ