頭皮のフケが出る原因とは

洋服に落ちるとみっともないのがフケですが、特に暗い色の洋服に落ちるとかなり目立ちます。
しかし、フケはそもそも誰にでも生理的に発生するものなので、健康な頭皮でも出ています。
健康な状態では大きさは目に見えない程小さいものですが、環境の悪化で肌のサイクルが乱れると量が多くなったり、大きなものになったりします。

このサイクルはターンオーバーと呼ばれており、肌の角質細胞が剥がれ落ちる事で、大体1ヶ月周期で行われます。

サイクルの乱れの原因は様々ですが、その1つにフケが原因菌とされるカビの一種があり、この菌は健康な状態でもいる常在菌ですが、免疫力の低下や乾燥、皮脂の過剰分泌等が原因で増えると悪い影響をもたらします。

これを解決するには、まず自分のタイプがどちらかを確認しましょう。
フケには乾燥した細かいタイプと湿った大きいタイプの2種類に分けられ、乾燥タイプの人の最大の原因は、頭皮の乾燥です。

洗浄力が強いシャンプーで皮脂を洗い過ぎる、ストレスや運動不足、偏った食生活、パーマ等の刺激、不潔にしている等に当てはまったら乾燥している証拠で、このまま放っておくと外からの刺激に敏感になり、トラブルを招きやすくなります。

湿ったタイプは、垢のような角質細胞に皮脂が混ざりあったものでかゆみを伴う症状が特徴です。
間違ったシャンプーの仕方や刺激が強いシャンプー、食生活の偏り、整髪料の洗い残し、新陳代謝の低下、不潔にしている等が原因で起こります。

どちらのタイプでも食生活が影響を及ぼすので、規則正しくバランスが取れた食生活に改善しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:頭皮

このページの先頭へ