育毛と頭皮の関係について

育毛とは、抜け毛の原因として考えられている不規則な生活や食生活の偏り、間違ったヘアケア方法などを改善することです。
抜け毛を防いで健康な髪が成長できる環境を整え、毛根に働きかけて髪の成長を促し、新しい髪の毛を育てるうえで、一番大切と言えるのが頭皮で、「作物を育てるにはまず畑から」という言葉もあるように、頭皮の状態が良くなければ、いくら内側や外側から栄養を与えても、良い髪の毛が育つことはありません。

髪の毛は毛根から生えていて、皮膚を流れる毛細血管から毛根が栄養を摂取することにより成長する為、血流を良くして毛根を強く元気にする必要があります。

また、加齢や血流の悪化に伴い皮膚は次第に硬くなり、十分な栄養が補給されにくくなってしまい、その影響を受けて、毛が育たずに痩せ細り、抜けてしまう状況に陥ってしまうので、皮膚は軟らかい状態に保つことが重要です。

家庭でできるケアとしては、シャンプー前の乾いた皮膚のオイルマッサージがあります。

余分で過剰な油や汚れをオイルで浮かせてマッサージすることで、血行を良くして皮膚を軟らかくし、適度な油分で皮膚を保護させます。

シャンプーを付ける前に一度ぬるま湯で髪を予洗いし、シャンプーを付けたら指の腹を使って皮膚を揉み込むように洗い、十分に泡を洗い流し、タオルドライ後に熱過ぎない温度のドライヤーで乾かします。

育毛剤との併用も効果的ですが、「男性ホルモンを制御するタイプ」「毛母細胞を直接活性化するタイプ」「頭皮の血行を促進するタイプ」「毛根に栄養を補給するタイプ」など、それぞれの働きによって大きく4つに分けられるので、自分に合ったものを選びましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:頭皮

このページの先頭へ