頭皮の臭いの原因は多量に分泌された皮脂にあります

気になる頭皮の臭いは、毛穴から分泌される皮脂が酸化することで起こっています。
元々、皮脂は紫外線や外部の様々な刺激から守る働きをしますが、何らかの影響によって毛穴より皮脂が多量に分泌される場合があります。
そうなると、頭皮には必要以上の余計な皮脂がどんどん溜まっていきます。

多くの皮脂が紫外線に当たったり、外気に晒されるなどして酸化現象が起こり、その結果、悪臭となってしまうのです。
こうした環境を作っているのは、私達の何気ない日常生活に原因が隠されています。

例えば、甘い食べ物や脂肪分の多い食事を摂り過ぎるといったことが一つの原因に挙げられます。
臭いを発する皮脂は洋菓子や果物の糖分が多い食べ物、そして、肉や油に含まれる脂肪分によって過剰に分泌されます。

これには抗酸化作用のあるビタミンC、血行を促すビタミンAやB群など、皮脂が多く出るのを抑える栄養素を摂ると良いでしょう。
ビタミンCはレモンやキウイ、ビタミンAなら人参や大根、ニラといった食材に含まれています。

他にも原因はあり、ストレスや運動不足、乱れた生活を送っていても頭皮は臭ってしまいます。
ストレスを溜めすぎていたり、運動が足りていないと新陳代謝が悪くなり、多量の皮脂が出るからです。

運動を心掛けて、リラックス出来る場所や空間を作るなどして、心と体に負担を掛けないよう気を付けましょう。

頭の皮膚部分の臭いは多量の皮脂が酸化して発生していますが、この皮脂自体が多く出ない工夫を普段から行なうことが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:頭皮

このページの先頭へ