男性型脱毛症(AGA)の頭皮治療とは

薄毛や抜け毛に悩む男性は、男性型脱毛症(AGA)かもしれません。
AGAが起こる仕組みは、男性ホルモンが毛細胞の酵素と結合してジヒドロテストステロン(DHT)という物質に変化し、毛髪サイクルを狂わせて脱毛したり、皮脂を異常に分泌したりさせる為、この結果、頭皮や毛髪のトラブルを招きます。

AGAを発症すると、育毛シャンプーや育毛剤を使っても根本的な改善にはなりませんので、治療をするには毛髪専門の病院がお勧めです。
毛髪専門の病院では、最先端の頭皮治療が受けられます。

まず、AGA治療の専門医を調べますが、ここで注意しなければならないのが、治療費は保険適用外という事です。
その為、薬代等が病院によって異なります。

専門病院では初回診察やカウンセリングは大体が完全予約制なので、事前に電話やインターネットで予約して、治療費の目安等の疑問を聞いておきましょう。

初回の診察では、問診・検査・診断・治療計画の決定・写真データベース作成をします。
治療方法は、内服・外用薬や、薬と併用すると効果が大きい育毛メソセラピーがあります。

内服薬は、悪玉男性ホルモンの発生を抑制させると言われるフィナステリド錠(プロペシア)と合わせて、各種ビタミン剤や抗炎症剤、発毛・育毛剤等を複合的に使います。

薬は脱毛症により乱れた毛周期をリセットさせ、体質と頭皮を改善する長期的な方法です。
育毛メソセラピーは、直接毛根部分に細い針で、育毛成分があるとされるミノキシジルやフィナステリドなど成長するための栄養を注射します。

最近では、針を使わない方法も開発されており、痛みが軽減されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:頭皮

このページの先頭へ