頭皮のフケや湿疹の悩みに効くシャンプー

命に関わる様な重大な病気ではないけれど、人には言えない身体の悩みを抱えている人は意外と多く存在します。
毎日シャンプーをして清潔な状態を心掛けているにも関わらず、フケが多く困っているというのもこういった悩みの一つでしょう。
フケには2種類のタイプがあり、一つは頭の洗い過ぎにより皮脂が足りなくなった為に皮膚が剥がれ落ちる乾燥型、もう一つは脂っぽく湿り気のあるフケで、脂漏性皮膚炎が元となったタイプです。

脂漏性皮膚炎は頭皮や顔の他にも脇の下や胸などの皮脂分泌多い部位に発症し、頭皮の症状としてはフケ以外に湿疹や痒み、皮膚の赤みなどが挙げられます。

原因については、内因性として遺伝的な素因、内分泌的な影響が考えられ、それにより皮脂腺の分泌異常としてフケなどが発生し、外因性としては気候や栄養、スキンケア、マラセチアという真菌の影響が予測されます。

脂漏性皮膚炎はこれらの要因が複合的に作用して発症します。

マラセチアは皮膚の常在菌の一種で皮脂の多い部位に増えてくるのですが、マラセチアによって分解された皮脂により赤くなって炎症が起こってしまうと考えられています。

治療法ですが、まずは薬局やドラッグストアで市販されている菌の増殖を抑える殺菌成分を配合したシャンプーや、抗真菌剤入りのシャンプーを使用します。

症状が軽い場合は低刺激性のシャンプーも有効です。
リンスは菌を増殖させてしまう脂分が多く含んでいる商品が多いので、治療中は使用を控えましょう。

また、スキンケアで余分な皮脂を取り除くだけでなく、皮脂そのものを過剰に分泌させない対策も重要なので、日頃の生活習慣を見直して、健康的な毎日を送れる様心掛けましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:頭皮

このページの先頭へ