頭皮の皮脂汚れを落としシャンプーの匂いがする正しい洗髪方法

毎日しっかり髪を洗っても、地肌のかゆみやにおいは気になるものです。
だからと言って、ゴシゴシ何度も洗っては逆効果になってしまいます。
ホルモンバランスや寝不足などのストレス、食生活の乱れが皮膚全体を老化させ、頭皮トラブルにつながります。

においの原因となる余分な皮脂汚れ対策には薬用シャンプーがお勧めで、最近は様々な会社から発売されていますので、自分に合ったものを探してみてはいかがでしょうか。

また、洗い方も重要で、素早く済ませてしまいがちなシャンプーの時間ですが、洗う前の少しの手間で、洗い上がりの髪のにおいや艶に変化が出ます。
まずはブラッシングをすることで、髪の毛の絡まりを無くし、汚れを落としやすくする効果があります。

そして、頭皮を中心にぬるま湯で流し、シャンプーは髪ではなく頭皮へ付けるようにして、その時によく泡立てて優しく洗うことが重要です。
すすぎは最も仕上がりを左右する工程で、すすぎ残しは絶対に厳禁なので、丁寧に洗い流しましょう。

美容室でのすすぎ方を思い出すと納得するはずです。
そして、洗った後のケアも重要になります。

タオルドライだけで髪を放置しては、地肌が生乾きになりかゆみやにおいの原因になり今までの努力が台無しになってしまうので、ドライヤーで髪の根元を中心に熱すぎない温風で乾かしましょう。

ここまで念入りに手間と時間を掛ければシャンプーのいい匂いが残る髪美人になれ、髪が美しいと心も前向きになります。

慣れるまでは面倒に感じてしまうかもしれませんが、習慣化してしまえば美しい状態をキープできることは間違いありませんので、今日から早速始めてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:頭皮

このページの先頭へ