頭皮を洗う際のシャンプーの方法

髪の毛は放っておいても成長し、伸びてきたり生え変わったりする活動を続けています。
髪の成長には頭皮を健康に保つことが大切で、シャンプーは髪を洗うものと認識している人が多いですが、重要な目的の一つに頭皮を洗うという点も挙げられます。
毛穴から分泌される皮脂は乾燥から守る役割がありますが、過剰分泌された皮脂は古い角質や汚れと混ざって毛穴を詰まらせてしまう場合があります。

顔のTゾーンも皮脂が多い部分と言われるものの、その2倍もの皮脂が頭部で分泌されています。
この毛穴の環境を整えることが健康な髪の毛を保つ状態にも繋がるため、正しいシャンプーの方法を身に付けて、健康な髪を手に入れましょう。

大きな3つのポイントがあり、まずは低刺激で肌に優しいアミノ酸系のシャンプーを使用して十分に泡立てます。
洗顔と同じように十分な泡の量で汚れや皮脂を泡に溶かし込むように、丁寧に優しく包み込んで洗浄しましょう。

次は、指の腹を使うことです。
爪を立ててしまうと頭皮に傷が付いたり抜け毛の原因となってしまうため、指の腹で丁寧にマッサージをするように洗っていきます。

あまり力を入れてゴシゴシ洗うのではなく、頭には沢山のツボもありますので気持ち良い程度の力で行うと良いでしょう。
そして最後は綺麗に洗い流し、しっかりと乾かします。

洗い残しは髪を傷めたりトラブルの原因となりますし、水分を拭き取らないと地肌を傷めてしまいます。
しっかりと水分を拭き取って、素早く乾かすことが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:頭皮

このページの先頭へ