春ウコンの成分と栽培に適している環境

春ウコンは、4月から5月にかけてピンク色の花を咲かせる多年草植物で、ショウガ科の一種です。
一度掘り起こした根からも再び花を咲かせるほどの強力な生命力を持つと言われており、中国では生薬として用いられています。
正式名称は姜黄です。

100種類以上の精油成分を始めとし、秋ウコンなどにも含まれるクルクミン、マグネシウム、リン、鉄分、ミネラルなどを多く含んでいます。
精油成分の主なものとしては、カンファ、シネオール、クルクモールなどがあります。

日本国内では、春ウコンを使った染料や着色料、ハーブ、スパイス、健康食品が多数流通しています。
ウコンのサプリメントには錠剤、粉末剤、ドリンク剤などがあり、それぞれが様々な特徴があります。

コスト面では、錠剤タイプのサプリメントがパフォーマンスに優れており、家計にも安心です。
そして、ウコンは主に熱帯や亜熱帯地方が栽培に適しているため、日本では、栽培環境において特に沖縄が適しています。

また、沖縄産のウコンには、希少価値が高いものもあります。
沖縄の土地は、サンゴ礁や貝殻からのミネラル分が豊富に含まれ、赤土の土壌による水はけも良いのが特徴です。

そして沖縄は、年間を通して高温多湿なので、亜熱帯植物のウコンにとって適していることから、高品質のウコンが作ることができています。
春ウコンの収穫時期は、天候などによっても若干異なりますが、12月中旬から3月初旬にかけてが一般的です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ウコン

このページの先頭へ