肝臓の機能の働きとウコンの役割

肝臓の働きは、食事から摂取した栄養素の合成や代謝、胆汁の生産など、多くの機能があります。
主な働きとして、身体に有害な物質を分解して無毒化する解毒の機能が挙げられ、例えばアルコールを摂取すると、二酸化炭素と水に分解されて、尿や呼気と共に体外へ排出されます。

また、食事から摂ったたんぱく質や糖質の栄養素は集められ、体内でエネルギーや組織を作る材料として生まれ変わりますし、食物の分解に欠かせない、胆汁の合成もします。

このように、人間が生命活動をする上で、肝臓は重要な役割をしているのです。
しかし現在は、この機能の異常を指摘される人が増えています。

以前はお酒を良く飲む人に限られている症状だと思われていましたが、お酒を飲まない人でも、肝臓の機能低下や異常を指摘される人が増加しているのです。

肝機能が低下すると、全身に栄養素が行き渡らなくなり、身体に栄養素が溜まってしまいます。
その結果、身体に疲れやだるさを感じたり、食欲不振といった不調を感じることになります。

しかし、肝臓は沈黙の臓器と呼ばれていて、かなり肝機能が低下してからでないと自覚症状が現れません。
そうならない為にも、肝機能を食生活で守ることが必要になるのです。

その肝機能に良いとされているものが、近年認知度の高まっているウコンです。
ウコンは、クルクミンを多く含みます。

クルクミンは、肝臓で発生した活性酸素に働きかける抗酸化作用やアルコール分解といった、肝機能全般を助ける作用があります。
また、この香りの成分は、肝炎を抑えるとも言われています。

ウコンは、サプリメントやドリンクなど、様々な商品として販売されています。
肝機能の低下を予防するためにも、このような製品を摂取することも必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ウコン

このページの先頭へ