ウコンは二日酔いに良く効きます

お酒を飲みすぎてしまうと、翌日にとても辛い思いをすることになります。
二日酔いにはウコンが効く事はとても有名なのですが、どういった仕組みで効果があるのかはあまり知られていません。
そもそも、お酒を飲みすぎるとなぜ調子が悪くなるのかというと、アルコールを摂取するとアセトアルデヒドが体の中に溜まってしまい、これが気持ち悪さや頭痛などを引き起こします。

アセトアルデヒドは猛毒で、本来は肝臓がきっちりと無毒化してくれるのですが、アルコールを飲み過ぎるとこの無毒化に肝臓の能力が追いつかなくなってしまい、気持ちが悪くなることになります。

そこでウコンを飲むことによって、この無毒化の能力を上げる事ができますので、二日酔いにならなかったり、早く解消するのです。
お酒のお付き合いの多い職業や、忘年会シーズンなどにはとてもありがたい薬だと言えます。

特に秋ウコンには、肝臓に良い成分のクルクミンがとても豊富に含まれています。
これによって、肝臓がアセトアルデヒドを分解する能力が、通常時の倍にもなると言われています。

クルクミンはとても溶けやすい成分なので、お酒を飲む前にお茶などで割って飲んでも良いですし、お酒に溶かして飲んでも効果があります。

いろいろなサプリメントやドリンク剤などとしても発売されていますので、コンビニエンスストアやドラッグストアなどで手軽に手に入れて飲むようにし、二日酔いできつい時は我慢をしないようにしましょう。

価格がお手頃なのも魅力の一つとなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ウコン

このページの先頭へ