しじみとウコンに含まれる、二日酔いに効く成分

ウコンやしじみが二日酔いの時などの肝機能を促進してくれるという定説は、お酒を飲む人であれば聞いたことがあるかと思います。
これは、両食品に含まれている成分から来ている説で、その成分として、しじみにはオルニチンと呼ばれる、アルコール分解を早めて、尿素回路として分解と排出を促してくれるとされる成分が多く、またウコンにはクルクミンやターメロン、シオネールなどと呼ばれる、やはり胆汁の分泌などが活発になり、肝機能の促進につながると言われている成分が多く含まれているためとされています。

特に、ウコンのその効果は、古くから先人たちの経験によって実証がなされていて、例えば、昔から泡盛などのアルコール度数の高い酒を好んで飲む沖縄では、民間薬法として日常の食生活に自然に取り入れられていました。

また、古代中国においても、同じような効果を期待した漢方薬として煎じられていたと言われています。

前述の肝機能の促進や二日酔い防止の他にも、ダイエット効果や動脈硬化、高脂血症の予防などに効果があるとされている成分が含まれているため、最近は様々な健康飲料や健康食品に使用されています。

これらの食品や飲料を開発する各飲料メーカーや健康食品メーカーにおいて、大きな課題とされているのがその飲みやすさです。

多くの企業が、苦味や臭みを消して飲みやすく改良するという課題を掲げた結果、今ではそういった問題を改善した商品が数多く販売されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ウコン

このページの先頭へ