脂肪肝対策にはウコンのパワーを

ウコンは、脂肪肝の予防や改善に効果があると言われています。
脂肪肝になると、脂肪が肝臓に溜まってしまい、肝臓の機能が低下して人体の健康に様々な悪い影響を与えます。
放っておくと、糖尿病や通風などを発症してしまいますし、逆に糖尿病が原因で肝臓に脂肪が溜まってしまう事もあります。

この状態が長期間に及ぶと肝硬変や肝癌へ繋がる恐れがある為、自発的に予防する事や、改善が必要になってきます。
脂肪肝になる最大の要因は、過剰なアルコールの摂取と食べ過ぎだと言われています。

そのため、ダイエットが必要になり、適度な運動と低カロリー低脂肪のバランスの良い食事を摂らなければいけません。
そして一番大事なのが、アルコールを飲み過ぎないという事です。

ウコンは良くテレビなどで、飲みすぎや二日酔いに効果があると多く宣伝されています。
そしてウコンは、それらの改善に大きな効果があることが分かって来ています。

主成分のクルクミンは胆汁の分泌を促し、脂肪の消化、脂溶性のビタミン吸着率のアップに効果があるとされているものです。
適正な量と、適当な期間にわたり摂取をする事で、予防や改善に大きな効果があると言われています。

現在では生の状態のものやお茶として飲むためのもの、粉末状に処理されたものなど、様々な形で販売されており、なかでも粉末状の場合は、水に溶かして飲んだり、料理に香辛料として利用したりと広い用途で使用できるため人気があります。

気軽に摂取するには、薬局などに売っているドリンク状のものが良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ウコン

このページの先頭へ