ウコンの成分の中でも肝機能の促進につながるものについて

テレビCMなどでも良く取り上げられ、その効能から健康に良いとされて話題になっているウコンの健康食品ですが、せっかく日常に取り入れるのであれば、正しい知識を持っておきたいところです。
まずウコンは、ショウガ科に属するとされている多年草の植物で、その種類も多岐にわたります。

栽培の環境としては寒いところを嫌うため、高温多湿の風土環境が適しているとされている植物です。
カレーを作る時に良く使用される、ターメリックがこの植物の英語名にあたり、近年の日本では健康食品として定番になってきています。

健康食品として期待される主な効能については、二日酔いの抑制や防止、肝機能の促進、ダイエット効果などが代表的なものと言えるでしょう。

その具体的な成分として、クルクミンやターメロン、シオネールと呼ばれるものなどがあり、これらの成分の中に、胆汁の分泌を促進させるものや利尿作用が高いもの、健胃作用が高いものが含まれているとされています。

そのため、ウコンは結果として肝機能の促進につながると言われ、二日酔いなどへの効果が期待された健康ドリンクや健康食品が数多く発売されているのです。

昔からアルコール度数の強い酒を良く飲む機会の多い沖縄の人々は、これらの成分を民間薬法として摂取してきました。
お茶にしたり、料理に利用するなど、日常の食生活として自然に取り入れられていたのです。

また、古来中国でもまた昔から、同じような効能の漢方薬として民間に広く知られていたと言われています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ウコン

このページの先頭へ