副作用がない春ウコンについて

春ウコンは、4月から5月にかけて花を咲かせる多年草です。
春に収穫するウコンで、副作用がないことで知られています。
春に取れるウコンは、掘り起こした根でも再び花が咲くという強い生命力を持っています。

このように強い生命力を持っているウコンなので、生薬や万能薬として愛用され、多くの健康食品に使われています。
食べると強烈な苦味がありますが、胃もたれを改善することが出来ます。

清涼感もあるので、二日酔いの改善にも効果があります。
春ウコンは、秋ウコンに比べてクルクミンは少ないものの、その分精油成分が多く含まれています。

鉄、マグネシウム、カルシウム、食物繊維、殺菌効果があるシネオール、抗炎症作用があるアズレンといった栄養成分も沢山含まれています。
クルクミンやターメロンという成分が入っているので、抗ガン作用、利尿作用、胆汁分泌促進作用、新陳代謝のアップに効果があります。

体の免疫力を上げることが出来るので、糖尿病や成人病、老化防止、ガンの予防、ダイエット、脂肪燃焼、二日酔い、悪酔い、肝臓の強化に高い効果を発揮します。

体が本来持っている機能を正常化させる作用があるのです。
口臭を抑えたり、優れた抗菌作用で雑菌を抑えてくれるので、食後に摂取することをお勧めします。

基本的に他の薬と一緒に摂取しても大丈夫なことと、副作用がないので安心して摂取することが可能です。
春ウコンは、沢山の栄養を含んでいますので、上手に活用していきたいお勧めの食品だと言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ウコン

このページの先頭へ