誰でも簡単にできるウコンの栽培方法です

ウコンは、肝臓などにとても効果のある植物です。
テレビのコマーシャルなどでもお馴染みなのですが、二日酔いに大変効果があります。
飲みやすいサプリメントやドリンクなどが、コンビニエンスストアやドラッグストアなどで沢山発売されていますので、お酒が好きな人は試してみると良いでしょう。

そんなウコンですが、もともと鹿児島や沖縄などに自生しており、実は手軽に家庭で栽培する事ができます。
その栽培方法はとても簡単で、4月下旬から5月上旬あたりに日当たりが良い畑を良く耕して、肥料などを撒いて植え付けをします。

根茎を新芽がつくようにして幾つかに分けて、株の間隔を30センチから40センチほどとって7センチ程度の深さに植えます。

もともと東南アジアが原産という事もあり、寒さと乾燥に大変に弱いので水を毎日しっかりあげるように注意し、7月から9月の間に1度だけ追肥を行います。

すると、夏から秋にかけて、白くて綺麗な花が咲き、その後11月上旬から下旬にかけて収穫する事ができます。
収穫したら良く水洗いをして、薄くスライスして乾燥させます。

乾燥したら、ミキサーなどを用いて粉状にして保存します。
また、薄く切った状態のまま煮出して飲む事もできます。

ウコンには様々な使用方法がありますので、インターネットなどでレシピを調べると良いでしょう。
もっと手軽に飲みたいという人には、健康食品やサプリメントなどとしてたくさんのウコンの商品が発売されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ウコン

このページの先頭へ