ウコン茶は、沖縄でうっちんちゃとして知られています

ウコン茶は、沖縄でうっちんちゃとして知られています。
本州で麦茶が夏の定番茶として知られているのと同様の認知度です。
沖縄に行くと通年商品であることに気づくので、寧ろ緑茶並みの扱いではないかと思うほどです。

沖縄はうっちんちゃだけではなく、グアバやアセロラ、ゴーヤなど、ヘルシー食材が多い地方ですが、その中でも通年愛飲されるウコン茶の存在はとりわけ目立ちます。

沖縄の長寿を考えれば、ウコンが体に良いと単純に結び付けてしまってもよいのではないでしょうか。

肝臓を丈夫にする点において、特に効果が高いと知られるウコンですが、沖縄では高貴な着衣に使用される染料としても有名で、ウコンやターメリックは土地に密着した植物であることがよくわかります。

ウコンの一番よく知られている効果としては肝臓を健康にすることですが、沖縄の女性が長寿で、飲酒を多くするわけでもないことを考えると、30代や40代という体の衰えを自覚する年代にも新陳代謝をよくしたり、血管を丈夫にする効果があるのかもしれません。

沖縄では、ペットボトルでうっちんちゃが市販されています。

個人的に本州で飲食するよりも飲みやすく感じるのは、勿論旅行であるという解放感が手伝っていることもありますが、風土的に日常的なものという認識があることも、味覚へ影響を与える精神面に作用していると考えます。

沖縄では、麦茶が売っていないお店でも、間違いなくうっちんちゃはあるのですから、つい手を伸ばしてしまうのも頷けます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ウコン

このページの先頭へ