ウコンは効果的なタイミングで摂取しましょう

お酒を飲み過ぎると、肝臓で分解されなかった「アセトアルデヒド」が頭痛や翌日の倦怠感をもたらします。
このような二日酔いの予防にはウコンが良いと一般に知られています。
「おまじない」のように、飲み会の前には欠かさず飲んでいるという人も多いようです。

これは「クルクミン」という成分が「アセトアルデヒド」の分解を助けるため、二日酔いの予防になることが分かっています。
また、実は腸に溜まった老廃物を排出させたり、身体を燃焼体質に変えたり、血中のコレステロールを下げる働きがあり、ダイエット効果も期待できます。

ウコンには、「春」「秋」「紫」などの種類があり、サプリメントも各社から商品が多く出ていて、錠剤、カプセル、粉末、ドリンクがあります。

錠剤や粉末はエキスを乾燥させて作られているため吸収するのに時間がかかるので、お酒を飲む1時間前までに摂取するのがよいとされ、一方カプセルやドリンクは吸収が良いので、10分から15分前くらいのタイミングが良いとされています。

ドリンクタイプは即効性があるので、お酒を飲んですぐ後に摂ると二日酔いの防止になります。
ただし、お酒を飲む前に摂ると、吸収が良くなって酔いにくくなり、結局は深酒をしてしまう可能性もあるので注意が必要です。

また、必要以上に飲むと肝臓に負担がかかってしまうので、1日に3回位に分けて飲むのがよいとされています。
飲み方を間違えると十分な効果が期待できないことがあるので、摂取量やタイミングに気をつけて摂取しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ウコン

このページの先頭へ