ウコンは酒の席には欠かせない商品です

テレビコマシャールの影響からか、近年ウコンが注目されています。
様々な種類のものがあり、粒や粉末になったものやスライスされたもの他、生のまま販売もしていますし、お茶になっていたり、成分が入ったドリンクなどもあります。
ウコンにはクルクミンという成分が含まれていて、コレステロール値を下げたり、美肌効果や肝機能を高める効果があると言われていて、二日酔いも防ぐと注目され、酒を飲む時には欠かせない商品となりました。

食前、または食後に飲む人がおり、実際に効果的なのはどのタイミングなのか意見がかなり分かれています。

食前派の人は、このクルクミンという成分を働かせるためには、胃で消化して腸内で吸収しなくてはならない為、体内を巡って肝臓の機能が強められた段階でアルコールを分解する働きが良くなるという意見です。

お腹に食べ物や酒が入る前にウコンを摂取し、アルコールを分解する準備をするという考え方となっています。

それに対して食後派の意見は、アルコールの分解はしばらくの間続くので、一通り飲んでから肝臓の働きを強めればよいというもので、肝臓のアルコール分解率が良くなると、飲んでも酔いにくくなるという考え方です。

では、どちらのタイミングが良いかというと、食前に摂った方がベストと言えます。
楽しく酒を飲みたいという人は特に悪酔い防止にもなりますし、飲む前から肝臓の働きを整えておくと良いでしょう。

とはいえ、飲んだ後でも飲み過ぎた場合にはウコンを摂取してから睡眠をとれば、寝ている間にアルコールを分解してくれますので、上手に取り入れましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ウコン

このページの先頭へ