生ウコンを取り入れた料理法

ウコンには、胆汁の分泌を活発にして肝臓の働きを助けるクルクミンが含まれており、老化を促進させる活性酸素を取り除く効果があると言われています。
また、食物繊維が豊富なため、便秘の解消に役立つほかダイエットにも効果が期待できます。
他にも、ミネラルが豊富に含まれているなどの色々な効能がありますが、特に生ウコンは、有効成分を効果的に摂取できるとして注目を集めています。

しかし、そのまま食べると独特の苦みがあるので、食べにくいと感じる人も多いでしょう。

その場合は、薄くスライスして天日干しにすると簡単に細かくなるので、料理に振り掛けたり隠し味にしたりと普段の料理に手軽に取り入れる事ができます。

それでも苦みが気になる人は粉末を使いましょう。
子供が好きなカレーライスやご飯に混ぜてパエリアなどを作れば、家族で楽しみながら摂取する事が可能です。
また、インゲンやサヤエンドウの胡麻和え等に粉末を足す事でエスニックな風味になりますので、いつもとは違う味にしたい場合等にお勧めします。

他にも、日々の弁当などによく入れる卵焼きやオムレツなど卵とも相性が良いですし、しょうがの代わりに煮魚の時に刻んで入れてみたり、すりおろして味噌汁に入れる等、たくさんの使い道があります。

そして、生ウコンは一日で約10gが目安ですので、一品に使うだけでも十分に摂取する事が可能ですし、小分けにした物を冷凍保存すれば、成分を損なわずに長期間に渡り保存する事ができます。

この様に、様々な方法や料理法で生ウコンを摂取する事は可能なので、生では抵抗があるという人でも色々試してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ウコン

このページの先頭へ